台湾クライミングツアーの話
0

     まずは、色々サポートや案内をしてくれたYAMさんに感謝を。
     そして、一緒に行った皆さま、お疲れ様でした!

     

     台湾クライミングツアー、行ってきましたTOBITOのゴウです。
     行き当たりバッタリな感じで色々失敗もしましたが、3日間ともクライミングの充実したツアーでした。

     

     

     

     今回の台湾ツアー、主な目的は下記の2点でした。
     ・以前TOBITOに遊びに来てくれたYAMさんのクライミングジム『頂瓜瓜攀岩場』へ視察に行く。
     ・台湾クライミングのメッカ『龍洞』の視察に行く。

     

     視察です。一応、お仕事の一環です。
     インターナショナルな時代ですから、世界に目を向けんといかんのですよ!
     実際、台湾のクライミング事情や新しいいろんな事を考えさせられる3日間でした。


     深夜の便で早朝に台北に到着。
     初日の朝は台北周辺で最大のクライミングジム『STONE』に。
     YAMさんがシャツを着てたり、平山ユージさんのFBに載ってたりで興味があり・・・
     場所は工場地帯の中にあり、駅から近いとは言えませんがかなりの広さ!
     壁の両面に色んな形状の壁があり、休憩スペースも大きく取られてました。

     

     

     

     


     課題も単純ではなく、色々なムーブを要求してくるし、ホールドも流行りのテクスチャーや大型のモノから外っぽいカチまで色んなタイプがありました。
     いい課題、クライミングの環境を作ろうって気概を感じるし、実際面白いし、クライミングジムとしては綺麗だし、初心者も登りやすそうだし、総じてとてもいいジムだと感じました。
     近所にこんなジムがあったら幸せだなぁ、きっと。

     

     その後遅めの昼ご飯を食べて、YAMさんの『頂瓜瓜攀岩場(TGG)』へ!
     そこでハプニングが・・・
     電車の乗り継ぎが良くないのでタクシーを使ったのですが、GOOGLEMAPの情報に誤差が??
     あるはずの場所にジムが無い・・・運転手さんが近所の人を捕まえて聞くも「そんなの知らんよ?」って感じだし。
     タクシーの運転手さんは怒るし、僕らは困るし。
     結局、YAMさんに電話をかけて助けてもらいました。(幸い、近くまでは来てました)

     何とかTGGに到着し、YAMさんと再会を喜びました。ホント、ホッとして泣きそうでした。
     

     TGGはYAMさんの職場の金属加工工場を一部改装して作った、プライベート感のあるジムでした。
     広くはないけど、何か居心地がいいんですよ!
     みんなで同じ壁を向いてる一体感が好きです(^^)
     そしてユースの若いクライマーが何人かいて、みんなの動きの軽い事!
     少しセッションに交ぜて頂き、もんで貰いました。

     

     

     オーナーのYAMさんと。彼のおかげでその後の龍洞でも快適に遊べました。

     

     

     メインウォールはセッション向け。トレーニングホールドも多彩でした!

     

     台北に帰って絶品な水餃子を食べて、即就寝。爆睡でした☆

     


     2日目、3日目は『龍洞』。
     龍洞周辺はダイビングも盛んで、あちこちにショップがあり、海も透明度が高く綺麗! 

     

     

     

     特産は寒天でジュースを固めた『石花凍』です。(『凍』の字があるからてっきりかき氷かと思ってました)

     YAMさんの案内で比較的アプローチの近い『SCHOOL GATE』エリアへ、テクテク。

     

     いい!
     いいよ、龍洞!!
     規模の大きさ、縦横無尽にクラック?の入った岩肌、そそるライン。
     この天辺に行ってみたい、って思うよな自然の造形がたくさんありました。

     

     

     残念ながらこれだけ岩があってもボルダーはほとんどない・・・

     

     

     トラッドのラインが多い。


     トポによるとスポートよりトラッドが多いくらいで、確かにここでクライミングしてたらトラッドしたくなるだろうなと思いました。
     ボルトなんかに縛られず、思うがままに天辺まで行きたくなりますよ、きっと!
     海岸線に3〜4キロくらいエリアが続いているという事で、飽きることもなさそうです。

     

     

     素敵なアプローチ。ガバガバで難しくはない、が怖い。。。

     

     2日間とも帰りの時間に制限もあり、本数はほとんど登れていませんが、素晴らしい時間を過ごせました。
     一本一本が長めなので、登った時にはとても満足感があり、上からみる海岸線の景色も素晴らし。。。いや、パンプしてそれどころじゃありませんでしたね、ヒーヒー言うてましたわ(;'∀')

     

     

     一本一本がけっこう長め。24mくらい?

     

     

     ディープウォータークライミングも出来るらしい。

     

     

     分かり難いですが、終了点からの景色。気持ちいいっす。

     

     

     ルーフを超えるボルダーライクな11A。僕はオンサイト失敗。ムーブがあって素晴らしいルートでした。

     

     台北からのアクセスが良く、間違いなくお勧めの岩場です。
     今回、格安航空券にカプセルホテルみたいなのを使いましたが、その両方で25000円くらい。
     安くないっすか?
     一度行って要領を得たので、次はもっと安く行ける気がします。

     うんでも、次に行くなら秋から春までかな?
     6月は、流石に暑過ぎました。。。


     今回学んだ事
     
     ・台湾のバスの時刻表は、日本のそれと結構違う。

     ・ご飯がうまくて安い!

     ・台湾ビールは薄口で飲みやすい。

     ・英語はあんまり役に立たない。(日本であんまり英語が役に立たないように)

     ・通信環境を作っておいた方がいい。そんなに高くないし。

     ・台湾もリボルトの問題やそれを解決しようとするグループがある。

     ・ボルダーはあまりないらしい。探せばメチャありそう。

     ・やっぱり台湾の皆さんは、何かと親切でした。


     また、行きたい場所が増えました!
     いつになるかは分かりませんが、いつかリベンジツアーに行きたいなぁ(゚ー゚)(。_。)ウンウン

     

     

     YAMさんに貰ったオリジナルホールド。何から何までありがとうございました。

     

     JUGEMテーマ:クライミング

    カテゴリ:外岩の話 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    熊野で山小屋泊 2016
    0
       3時間くらいかけて書いたブログ文章が保存する前にぶっとんで途方に暮れていたTOBITOのゴウです。
       ふざけんなぁ・・・もう一回書き直ししたくないよう・・・

       でも、今回のは書きたいことが沢山あるので書き直します。
       読んでくれている皆さま、少し長いですがよろしくお願いしますm(__)m

       今回は久しぶりに一泊二日でクライミングを楽しもうと計画をしてみました。
       まぁ、主にZEELさんが色々手配をしてくれたので僕は何もしてませんが(^^;)

       初日は『大丹倉』というエリアでリードクライミング。
       お世話になりっぱなしの山さんに案内して頂きました。
       で、この岩場のそばに山さんのお父さんたちが建てた山小屋があるとの事で、そこに泊まることになっていたのですが・・・

       『何コレッ‼‼』

        
       こちらがその山小屋、『天狗山荘』。
       
       
       早速コーヒーを頂くメンバーたち。
       それにしても、すごいクオリティー!!
       山小屋というていたので、もっと掘っ立て小屋の様なものを想像していたのですが、十二分な設備と所々にみられる遊び心が素敵です。
       しかも山仲間たちが人力で組み上げた言うので、その情熱に脱帽です。
       この時点でテンションがグングン上がりました。

       そして、岩場へ。
       
       山小屋から徒歩数分で、はい絶景。

       
       天気も気候もバッチリでいう事なし!!

       
       下から見るとこんな感じ。左山頂のワンピッチを登りました。
       マルチルートもあるそうです。その難易度は分かりませんが、そりゃこんな絶壁を見たら登りたくなりますよね!

       
       初めてのモーちゃんはトップロープにトライ!

       
       果敢に登っていきます。

       
       終了点で爽やかにポーズを決める大塚さん。
       なんかのポスターみたい。こうみえてけっこう毒を吐きます。

       あっという間に時間が経ち、登った後は行きつけの奥瀞温泉へ。
       裸の付き合いでのクライミング談義。
       為になりました!


       
       そして夜も更け・・・

       
       この抜群のロケーションで・・・

       
       宴の始まりです!
       ここで飲むビールのうまい事(^^)

       
       メインはZEELさん作の鳥鍋。
       囲炉裏で炙ったチーズやマシュマロも加わり、お酒もすすみます(゚д゚)メチャウマー

       今回、熊野を住み込みで取材している朝日新聞社の記者さんたちも一緒にいらっしゃいました。
       いろんな話が聞けて、楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。

       
       明日もあるので早めの就寝。おやすみなさい・・・
       
       
       二日目もすがすがしく気持ちいい朝。

       
       みんなで記念撮影!
       ここで記者さんたちとは別れて、TOBITOから1DAYのグループと合流。
       いつもお世話になっている『大岩』に向かいます。


       
       『大岩』(これは昔の写真)
       開けた場所に巨石が一つ。その岩だけで初心者から上級者まで楽しめる素晴らしい岩場。
       地権者さんの厚意でBBQなどもさせていただけます。
       TOBITOの常連メンバーなら何度か来たことのある人もいるかも!

       
       因縁課題をやっけるイナッチ。

       
       お昼はBBQ。この二日でかなり太りました・・・

       
       にく〜にく〜(゚¬゚)

       
       大塚さん一押し、焼きポンカン。

       
       『野太刀』セッション!

       
       の下部からのプロジェクト。
       初手は出るものの以降のムーブが見いだせない・・・

       
       なんか神々しいZEELさん。

       
       その影と遊ぶヤッさん。

       
       終了間際、激闘を制した西本さん。
       熱い戦いでした!!!

       
       帰り道の夕日の丘にて。はしゃぐ大人たち。

       皆さま、楽しい二日間をありがとうございます!
       素晴らしい思い出になりました(^^)
       来年も企画したいと思ってますので、参加した人もできなかった人も楽しみにしてて下さい!

       最後に、朝日新聞3月20日の記事を。
       一緒に山小屋に泊まった熊野に滞在中の記者さんが書いたものです。
       読みにくいと思いますが、ぜひ読んでみて下さい。

       
       クライミングが認知されるようになり、TVなどで紹介される機会が多くなりました。
       ただスポーツとしての面をフォーカスする事が多く、ローカルクライマーの活動や地元の思いが伝わる事は稀です。
       この記事ではそういった点をしっかり捉えてくれていて、多少なりとも関わる者としては本当に嬉しい内容でした。
       朝日新聞社の中村さん、ありがとうございます。




































       
       おまけ。エイトパック腹筋でどや顔の藤本君。
      カテゴリ:外岩の話 | 18:59 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      今年の初岩は熊野!
      0

         今年の初岩は熊野!
         楽しい一日を過ごしてホクホクしているTOBITOのゴウです。
         ジムでのクライミングも楽しいですが、やっぱりアウトドアは気持ちいい!
         その上熊野の岩場なら尚更です。

         11日はみんなで熊野の夕日の丘エリアに遊びに行ってきました。
         メンバーは総勢14人。熊野は初めての人、リベンジに燃える人が集まりました!
         道が整備されてきたおかげか、3時間と少しで現地到着!
         バスで行った時は4時間ちかくかかってましたが、今回はそんなに遠くないなと感じました。

         エリア近くの自販機で各自飲み物を購入し、いざエリアへ。
         坂を上った先には魅惑の大岩が!!!
         岩場の周辺は整備され、以前よりも明るくなっていました。
         天気もいいし寒すぎないし、絶好のクライミング日和(^^)
         快適で、素晴らしい一日となりました☆

         


         アップに2級を登り、その後8mくらいのスラブを登ったのですが・・・
         あれですね、ハイボルダーは登れた時の気持ちよさが堪らないですね。
         膝がカクカクいいますが、この高揚感はなかなか得難いものがあります。

         


         このエリアにはたくさん登りたい課題があるのですが、中でも『言霊 3段』と『木漏れ日SD 2段』は最初にこのエリアに案内して頂いた頃からの憧れでした。
         最近は別のエリアに行く事が多かったので、久しぶりにこのエリアで登るので触ってみようと気合を入れていました。

         まずは『言霊』を触るも、やはり一手目が止まらず。
         でも止めれそうな気はするってところまではいけるようになってて、しかも後半も何とかなりそうで成長を実感できました!
         次に同じく『木漏れ日SD』にトライ。
         これは以前は浮けなかったスタートの1手が楽に止めれる!
         何度かトライして2手目が止まり、そのままの流れで完登!!!
         といきたかったのですが、マットに足が当たってるので未完登。集中が切れたのでまた次回です。

         
        https://www.youtube.com/watch?v=3wbNXEH3iVw
         ※後日登りなおした動画です。

         その後新しい課題『ギガンテ 2段』を触るも、スタートできず。
         シンさんのアドバイスでスタートは切れるようになったものの、上部の核心でメンタル負け。
         山さんからも上部のアドバイスを受けてイメージは出来るようになったものの、やはり突っ込めなくて敗退。
         まだまだ未熟っす。。。

         そんな感じで遊んでたらあっという間にタイムアウト!
         触ってみたかった『ボンナバン』はトライすらせず。
         そして段以上の課題はボウズ。
         でも、よう登った!!

         みんなも思い思いの課題を登ったり新しい課題を開拓したり。
         終わった後もいい顔してました(^ー^)

         最後に近くの温泉に入ってご飯を食べて、大満足な一日でした!
         熊野の岩場、やっぱりいいですね。
         また近々リベンジに行くぞ!!!
         このシーズン中にまた機会を作ろうと思うので、皆さんまたよろしくお願いします。


        ★注意★
         現在ローカルクライマーのみなさんが地権者さんや地元の方々と協議しながら開拓を進めています。
         現地までの道のりでも岩がゴロゴロしてるので開拓してみたくなるとは思いますが、勝手に開拓やエリア外を登るのは避けてください。

         


        JUGEMテーマ:クライミング
        カテゴリ:外岩の話 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        今年の初岩は熊野!
        0

           今年の初岩は熊野!
           楽しい一日を過ごしてホクホクしているTOBITOのゴウです。
           ジムでのクライミングも楽しいですが、やっぱりアウトドアは気持ちいい!
           その上熊野の岩場なら尚更です。

           11日はみんなで熊野の夕日の丘エリアに遊びに行ってきました。
           メンバーは総勢14人。熊野は初めての人、リベンジに燃える人が集まりました!
           道が整備されてきたおかげか、3時間と少しで現地到着!
           バスで行った時は4時間ちかくかかってましたが、今回はそんなに遠くないなと感じました。

           エリア近くの自販機で各自飲み物を購入し、いざエリアへ。
           坂を上った先には魅惑の大岩が!!!
           岩場の周辺は整備され、以前よりも明るくなっていました。
           天気もいいし寒すぎないし、絶好のクライミング日和(^^)
           快適で、素晴らしい一日となりました☆

           


           アップに2級を登り、その後8mくらいのスラブを登ったのですが・・・
           あれですね、ハイボルダーは登れた時の気持ちよさが堪らないですね。
           膝がカクカクいいますが、この高揚感はなかなか得難いものがあります。

           


           このエリアにはたくさん登りたい課題があるのですが、中でも『言霊 3段』と『木漏れ日SD 2段』は最初にこのエリアに案内して頂いた頃からの憧れでした。
           最近は別のエリアに行く事が多かったので、久しぶりにこのエリアで登るので触ってみようと気合を入れていました。

           まずは『言霊』を触るも、やはり一手目が止まらず。
           でも止めれそうな気はするってところまではいけるようになってて、しかも後半も何とかなりそうで成長を実感できました!
           次に同じく『木漏れ日SD』にトライ。
           これは以前は浮けなかったスタートの1手が楽に止めれる!
           何度かトライして2手目が止まり、そのままの流れで完登!!!
           といきたかったのですが、マットに足が当たってるので未完登。集中が切れたのでまた次回です。

           https://www.youtube.com/watch?v=3DTSXU9bUQ8

           その後新しい課題『ギガンテ 2段』を触るも、スタートできず。
           シンさんのアドバイスでスタートは切れるようになったものの、上部の核心でメンタル負け。
           山さんからも上部のアドバイスを受けてイメージは出来るようになったものの、やはり突っ込めなくて敗退。
           まだまだ未熟っす。。。

           そんな感じで遊んでたらあっという間にタイムアウト!
           触ってみたかった『ボンナバン』はトライすらせず。
           そして段以上の課題はボウズ。
           でも、よう登った!!

           みんなも思い思いの課題を登ったり新しい課題を開拓したり。
           終わった後もいい顔してました(^ー^)

           最後に近くの温泉に入ってご飯を食べて、大満足な一日でした!
           熊野の岩場、やっぱりいいですね。
           また近々リベンジに行くぞ!!!
           このシーズン中にまた機会を作ろうと思うので、皆さんまたよろしくお願いします。


          ★注意★
           現在ローカルクライマーのみなさんが地権者さんや地元の方々と協議しながら開拓を進めています。
           現地までの道のりでも岩がゴロゴロしてるので開拓してみたくなるとは思いますが、勝手に開拓やエリア外を登るのは避けてください。

           


          JUGEMテーマ:クライミング
          カテゴリ:外岩の話 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          笠置清掃と忘年会
          0
             この週末は雨で残念な感じでしたね!
             でもどうやら笠置は乾いてたようで、花崗岩の季節が始まったなぁとワクワクするTOBITOのゴウです。
             今年こそスグルをやっつけるため、トレーニングを頑張ろうと思います!


             そんなわけで今年もやってきました、笠置清掃!
             いつもの外岩ツアーの代わりにこれに参加しようと思います。
             電車で行くか車で行くか、はたまた現地集合かは参加者のようすを見て決めたいと思います。
             詳細は僕に直接聞いてください(^^)
             これからの季節、お世話になるであろうクライマーの皆様には積極的な参加をお願いします!

             詳しくは下記のサイトを確認してください。もちろん個人で参加して頂いても大丈夫です!
             http://moon.ap.teacup.com/bck2006/34.html


             そしてトビト恒例の年末行事「忘年会」のお知らせです。
             この告知が始まると年末が始まるなって気がします!

             今回は12月6日(日)にいつものモヌメントで行わせて頂きます。
             受付開始はいつもより早めの19:00から、参加費は4500円となります。
             当日阿倍野の町は「アベテンバル」で盛り上がってるので、それを楽しんでから集まるとかも良さそうですね☆
             ちなみにトビトは20:00までの営業となりますので、皆様ご注意ください!

             参加希望の方はトビト更衣室前にある参加表に、直接フルネームを書いてください。
             明日16日から参加票を置きますが、定員がありますので早い者順でさせて頂きます。
             いつものみんなもこういう飲み会は初めてでって方も、ドンドン参加してください!!

            JUGEMテーマ:クライミング
            カテゴリ:外岩の話 | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            御手洗清掃2015
            0
              JUGEMテーマ:クライミング

               先日、御手洗清掃の手伝いをしていたTOBITOのゴウです。
               皆様、ご協力ありがとうございました!
               今回は今までで最多、80人くらいのクライマーが参加してくれました。
               お陰様でかなりたくさんのゴミが集まり、村役場の方々にも喜んでいただけました。
               役場だけでなく、通りがかりの人にもありがたいと言われたという話も聞けたので、非常に嬉しいです。

               

               
               9月13日(日)には宮川清掃登攀があります。
               今回僕はキッズ体験会と重なって参加できないのですが、宮川にお世話になってるクライマーは是非参加してください!!

               

               
               遅くなりましたが、ディープウォータークライミングツアーの簡単な動画を作ってみました。
               上手に編集できなくて申し訳ないのですが、見ると楽しい思い出が蘇ってきます!!!
               よければチェックして下さい☆

               https://youtu.be/ywE1URQfcz8

               さて、8月2日のツアーでラダーを努めてくれたカッシィさんから、後日メールを頂きました。
               クライミングやアウトドアアクティビティにおける『自己責任』について改めて考えさせられる内容です。
               しっかり読んでおいてください!


              ******************************

               ゴウ様、tobitoの皆様へ。

               先日は北山川上流のデープウォーターで
               大変お世話になりました。
               ラフトガイドのカッシィです。

               当日の夕刻、皆様が食事をなされてる時、
               その横でエリア7スタッフとゴウ様とで
               岩や川、ツァーについて四方山話しをしてましたね。

               その際ゴウ様の口から出た「自己責任」なる言葉に
               反応し、ついつい言わずもがなな説教臭い言葉を吐いたのを
               今更ながらに思い出し、失言であったかなと自嘲してます。
               どうぞお許し下さい。
               自己擁護ではないのですが、
               以下に私の思うところを少しばかり述べさせていただきます。
               お暇あればどうぞ読んでやって下さい。


               一般的に言われる自己責任を分かり易く言えば
               必要な荷物をアナウンスしたにも関わらず忘れたのなら
               それは当人の自己責任であるからしょうがない。
               等と使われ、特定の人物や団体にその責任範囲を限定する。
               そういう使われ方が専らではないかと思われます。

               私は当日速乾性のシャツを持参してたのですが、
               紛失しました。
               亡くしたくないなら
               ちゃんと自己責任で管理しておくべきでした。
               (どこで消えたか全く記憶に無しw)

               ですが、私はこの自己責任と言う言葉を野外活動においては
               もっと広義に解釈をしております。
               それは「ツァーやイベントに参加後無事帰宅すること。」だと。

               アナタがたがクライムを選んだ様に私も川を選び遊んでます。
               数あるアクティビティの中からそれを選んだのは自身である。
               そのための道具を自身で選び、自身で使い方を考え、
               自身で研究し、工夫し、研鑽し、
               そして最後に「あぁ面白かった^^」に帰結して帰宅する。
               そのツァーの参加を自身で選び、必要な荷物を揃え、
               川ならどのルートを、岩ならどういうムーヴをetc・・・
               全て自身で選び完結する自己責任では無いかと思うのです。
               つまり私達は常にその選択を迫られ実行してると思います。

               きっとこれらはクライミングという過酷なアクティビティを
               されてる皆様にとっては今更の無用な話しでありましょうが、
               爺の能書きと軽く流して聞いてやってください。


               私はツァーの最後にいつもお客様に言います。
               「今日は一杯遊んだよ^^楽しかったよ^^」と
               笑顔の報告で旅の思い出をアナタの帰宅を待ってる
               家族達にしてあげてくださいねと。

               「自身の安全を、楽しいを自分自身で責任を持ち
               全ての行動をセルフプロデュースし、無事帰宅する。」
               ここまで考えるのがアウトドアツァーにおける
               自己責任では無いか?と私は考えてます。

               これは決して一人きりの寂しい話しではなく、
               登ってる仲間をガンバと励ます仲間がアナタたちには居ます。
               そして無事の帰宅を待ってる家族も同じこと。
               旅を共有するのは同行する仲間だけではなく、
               あなたの帰りを待ってる家族も同じだと思います。

               当日は中途半端に終わってしまった自己責任という言葉の
               説明を今更ながらにしてるというわけです^^;
               本当老人は嫌ですねぇ・・・ごめんなさいw


               後述として、
               私にとってもディープウォーターツァーなるものは
               初めての体験でありました。
               川しか知らぬ私に何が出来るかをツァー前も催行中も
               ずっと考えておりましたが、私に出来るのは
               ボートをコントロールし、漕ぐだけでした。
               不慣れなパドリングをクルーに極力要求せずに
               なるべく温存してもらえればと思ってたのですが、
               力足らず、見かねたクルーが
               代わる代わる一緒に漕いでくださいました。
               貪欲に遊びにきたにも関わらず、お気遣いいただき
               大変助かりました。ありがとうございます。
               これも歳かなぁと自嘲するのみでありますが、
               クルーの優しさにも触れることが出来、
               実り有る1日となりました。

               またいつぞやよく晴れた気持ちよい空のもと、
               お会いできればこれに代わる喜びはございません。

               クライミングジムtobitoとそこに集う皆様に
               これからも楽しいクライミングライフがあることを
               神戸の空の下から願っております。

               カッシィ

              ********************************


               読ませていただいて、僕は『全ての行動をセルフプロデュースする』という言葉にビビッときました。
               仕事柄、ついつい『自己責任』と言うと「怪我をした時、損失した時、自分で責任を取る」という、『責任の所在』についてばかり重きを置きがちでした。
               しかしそもそも『自己責任』って、「自分の行動や判断に対して、自分で責任を持つ」という事が根幹なんですよね。
               クライミングでは特にその要素が強いと思います。判断を誤れば怪我や事故が起こりますし、そのリスクも含めて乗り越えるから達成感が大きいのです。
               そこを他の人に預けてしまえば、きっといろいろ楽にはなりますが、そこにある楽しみも少なくなるだろうな、と思います。

               もちろんいろんな解釈が出来る話なのですが、自分がそれをどう捉えてるか、一度考えてみて下さい!

              カテゴリ:外岩の話 | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ミタライの季節です!
              0
                 LUVROCK課題が張り出されて1週間、皆さんいかがでしょうか?
                 僕の作った課題もLUVROCKにあるので、良ければトライしに行ってみてください!

                 今に始まった話ではありませんが、課題作るのって難しいです。
                 でも、楽しい!!!
                 何か料理に似てると思うんです、課題って。
                 美味しい料理=上手な課題。
                 しょうもない課題=まずい料理。
                 繊細な課題=フレンチとか和食かな?
                 極厚ステーキ=ダイナミックな課題みたいな。
                 素材はホールドで、それがあれば絶対おもろいやん!!ってのもあれば、逆に扱いに困るやつもあり・・・

                 ホールドや壁を上手に使いこなす為に、まだまだ勉強しなければならない事ばかりです。
                 今回はセッター歴の長いLUVROCK店長のミッチーにいろいろアドバイス受けたり、クライミングの動画からヒントを探したり。
                 多くの人に『楽しい』と思っていただけるクライミングジムであるよう日々精進していこうと思う、TOBITOのゴウです。




                 さて、昨日は今年初のミタライに行ってきました!
                 雨続きからの好天、日曜日ということでクライマーの多いこと(^^;)
                 駐車場には20台はクライマーの車が止まっていたと思います。
                 メインの岩は渋滞気味でしたが、見知った顔も多くなんだか嬉しくなりました!

                 常連メンバーはハリガネや草餅、ターターシンなどを。
                 コウノ君は草餅完登。何でそこで落ちるの?ってところで落ちまくってたのはさすがエンターテイナー!
                 ハリガネって久しぶりに触ると前出来てたムーブが出来なくなったりして、何か訳が分からなくなりますよね。
                 ターターシンはみんな良い感じに下部をこなしてるのに、右手のギャスカチからの処理が上手くいかない。
                 ヒロッキーさんやラッシャー、いけそうに思うんやけどなぁ。


                 初外岩のリョウタロー君はチョコガムにドハマリ。
                 出来なさそうなら他の課題を紹介するのですが、いけそうな感じがする・・・
                 最終的にはリップを押さえまで進むも無念の敗退。
                 その後も心神喪失など触るもヨレがひどく、明らかに体力の限界を超えてました。
                 明日、きっと大変ですよ!ガンバ☆


                 イダ君は同じくチョコガムに苦戦。
                 リーチが違うので他の人のが参考にならない。
                 スタンスが決まらず苦労するも、最後は見事に完登!
                 頬の上を岩にぶつけたのは、名誉の負傷ということで。
                 ミタライでよかったですね。北山や笠置なら・・・ミタライでよかった、うん。


                 個人的な今回のMVPはウエボー君☆
                 パタゴン、ゴジョジュと自己最高グレードの1級を2本ワンデイ!3級も2本かな?
                 最近明らかに強くなってる感じがする!!
                 この感じで年内に初段とか狙って欲しいところです。


                 僕は色々課題をつまみ食いしながらメインはゴアトリ、池ちゃんやどこかのジムの方々とちょっとセッション。
                 最後の一手が届かない・・・
                 でも、ちょっとコツが分かったかも!
                 よっちゃんのお陰です。ありがとうございました!!


                 ああ、早くミタライ行きたい・・・朝練行こうかな?




                {個人的な備忘録}
                 最後の一手の体勢を作るとき、フラッキングからポッケの上のしわへ。
                 丁寧に右足をセットし、左手と右足で身体を上げる。右手に力を入れすぎると右足が抜ける。
                 左足を垂壁面まで上げて、右手はサイド気味に効かせてデットポイント。
                 身体は高めに、しかし振り代を残す。

                 次は登る!!
                 イダ君、データありがとう。

                 
                JUGEMテーマ:クライミング

                 
                カテゴリ:外岩の話 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                夏の思い出 ディープウォータークライミング2014
                0

                   最近めっきり涼しくなった天王寺、今年の残暑は少しましかなと感じるTOBITOのゴウです。
                   去年は秋が無いというくらい暑くて急に冷えたような・・・あれ?去年??一昨年の事でしたっけ?
                   ・・・季節感は分かりませんが、老化だけは確実に感じる今日この頃です。



                   夏休み最後の日は北山村まで『宿題』を終わらせに行ってきました!!
                   そう、今年も行ってきました毎年恒例の『ディープウォータークライミング in 北山村』☆

                   今年は総勢18人!!
                   まずは操船や準備をしてくれた、ZEELさん、山さん、庄屋さん、ランさん、本当にありがとうございました。
                   お陰様で今年も最高の夏の思い出が出来ました!


                   今年は通称「上流エリア」。
                   毎年このディープウォータークライミングに来てますが下流が中心で、ここは何年か前にコイちゃんやコーヘーさんと行ったきり。
                   懐かしいなぁという思いと、そこに『宿題』になってた課題があることを思い出しました。


                   

                   少し川を下ると、すぐそこには見覚えのある壁が・・・
                   わずかに被った、取り付きからアンダーのホールドが続くキレイなライン。
                   あんまりにもキレイなラインで、そして登れそうで登きりれなくて、悔しい思いをしたなぁって事を改めて思い出しました。


                   早速準備してトライ。
                   前回進めなくなってしまったポイント、6mくらい続いたアンダーホールドの終わり。
                   左側にワンハンドのいいホールドがあって、さらにその左側にラインが続きそう。
                   ここで左手出して進めなくてパンプした事を思い出して、深いクロスムーブ。
                   真下の遠くに見える水面。
                   抜けて落ちたらとか、次の一手が予想以上に悪かったらとか思うと足がすくみましたが、右手と左足が十分利いていたので、左手解除と同時に立ちこみ!


                   その先の、未知のホールドを止めた瞬間の気持ち良さは、『痺れる』の一言に尽きます。


                   そこからは無我夢中で手足を動かしました。高さと震えで足元がおぼつかない、不細工なクライミングでしたが・・・


                   10mくらい登るとガバガバのスラブになってきたので、そろそろ降りる準備。
                   ディープウォータークライミングは最終的に飛び込まないといけないので、あんまり高くまで登れませんでした。


                   登りきってしまえば10台のルートだと思います。
                   でも、本当に気持ち良いクライミングが出来ました。


                   その後もいろんな壁にくっついたり落ちたり、新しい宿題を見つけてもやもやしたり。
                   ご飯食べて、レースの応援したり、やっぱり登ったり。
                   操舵する山さんに落とされそうになったり、叫びながら急流を下ったり。
                   帰りには温泉は行ったり、ご飯食べたり、山道でヘッドバンキングしたり。
                   運転してくれたZEELさん、スミさん、ありがとうございました!



                   今回も怪我無くみんな帰ってこれました!!
                   そして、はち切れんばかりの楽しい思い出ができました。

                   もう来年が楽しみでしかたありません。
                   次こそはあの課題を登りたい!
                   経費でボート、買えんかな・・・


                   皆様、来年もよろしくお願い致します!


                   
                  ちょろりと簡単な動画を作ってみました。
                  映ってる人が偏ってるのはご容赦下さい。

                  https://www.youtube.com/watch?v=VvMMXvk4z1M


                   

                  カテゴリ:外岩の話 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  一泊でクライミング!
                  0

                     6月、始まりましたね。
                     いよいよ『夏』突入です!
                     外岩はシーズンオフとなりますが、それはそれでいろんな遊びが出来ますよね。
                     つい先日遊びに行ったばかりですが、もう次の遊びにワクワクしているTOBITOのゴウです!


                     

                     5月31日と6月1日に、天川村へお泊りクライミングに行ってきました!


                     二日ともピーカン!
                     昨年の台風でドキドキしててのが嘘のよう・・・


                     ていうか、暑過ぎ!!
                     日焼けと熱中症、岩も滑るし眩しいし・・・


                     なのに川の水、冷た過ぎ!!!
                     入った瞬間から生命の危機を感じますよね・・・


                     でも、めっちゃ楽しい二日間でした(*^▽^*)
                     一緒に楽しんだ皆様、ありがとうございました!!


                     1日目の朝一番、見事に遅刻して、みんなに迷惑かけたり。


                     落ちたら川ポチャの課題にトライしてみたり。

                     リードみたいにメンタルに来るので登れたときは痺れました!


                     川に落ちたメガネを探して潜水したり。

                     ミタライの水温、マジで危険です!!


                     漁協側の『クレセントハウス』にてみんなでアイスを頬張ったり。(ここにはレンタルマットがあります)


                     羽虫が多くてインドアBBQになってしまいましたが、タン厚切りは贅沢でしたね。

                     昨年に続き『人狼ゲーム』もいい感じに盛り上がり。

                     個人的にはワールドクラス『デコピン』にカルチャーショックを受けました。
                     興味がある方はライアンに頼んでみてください(○゚ε゚○)


                     二日目、朝は僕が最後まで寝てた事は、みんなの胸にしまっておいて下さい(='m')

                     内々で岩場の清掃活動(※)やってたら、日差しの強さに熱中症にかかりかけたり。
                     集めたゴミの『鉄くず』の多さに3年前の台風を感じました。


                     どうも鮎(あまご?)釣りの解禁日に重なったようで、どこにでも釣り人がいましたね!
                     釣り人がいなかったら対岸まで泳いでいってあの岩が登れたのになぁ・・・
                      

                     暑過ぎてなかなか結果が出ませんでしたが、グッチが最後に会心のトライ!
                     『ゴールデン3級』、おめでとうございますo(*^▽^*)o


                     そんなこんなで疲れて大阪に帰ってきたわけですが。
                     怪我人もなく、よく遊べたと思います!
                     うーん、楽しかった分、終わってまうとなんだかやっぱり寂しいなぁ・・・


                     改めて、皆様ありがとうございました!
                     また行きましょうね☆

                     

                    ※岩場の清掃に関して、自治体やミタライの清掃活動などを行っているMCNに確認、報告の上で行っております。しかしながらまだ非公開なエリアの為、他のジムやネット上での告知は行いませんでした。僕としては公開への一助となれればと考えての活動です。諸意見あるかと思いますが、ご理解頂ければ幸いです。
                     

                     

                     さて、6月29日(日)は熊野のほうで『キャニオニング」を予定しています!
                     滝を下ったり上がったり、岩を登って川に落ちたり、清流と岩に戯れてこようと思います。


                     ガイドしてくれるのは熊野でいつもお世話になっている、山さん☆
                     前回はすごいスラーダーがあってびっくりしました(ノ゚゚)ノ
                     今回も素敵で楽しいツアーになる事間違い無しです!!


                     定員はあと4人。雨天決行(台風や大雨を除く)。
                     まだいろいろ未定ですが、早朝出発(遅くとも朝6時)、ガイド料やレンタル料、交通費など合わせてざっくり12000円くらいと考えて下さい。もしかするともうちょっとかかるかもです。


                     行ってみたいという方はお早めにお願いします!

                    カテゴリ:外岩の話 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    熊野大岩クライミング&BBQ
                    0

                       快晴!
                       ひたすら快晴!!
                       そして素敵な岩!!!


                       今回の熊野もすばらしい一日でした。

                       そんな訳で『熊野大岩クライミング&BBQツアー』、今年も行ってきましたTOBITOのゴウです。
                       手配や準備に尽力してくれたZEELさん、忙しい中で顔を出してくれた山さん、参加してくれた皆様、ありがとうございました!


                       この大岩は私有地にあり、地権者様に許可を取ってクライミングやBBQを行わせて頂いております。
                       これがまた、ロケーションがいいんです!
                       元は水田だったところに、地震で岩が転がってきた、と言われるその岩。
                       今は無耕地で、平地にドンと佇んでおります。
                       そんな訳で、クライミングしながら、荷物を広げたりBBQしたりするには最適です(*^ー^)


                       空は快晴、春らしい暖かさで、フリクション的には少しベストを過ぎた感はありますが、とても快適な一日でした!
                       課題は大岩の周りにぐるっと20本くらいあるので、みんな思い思いの課題を登ります。
                       この日は全員のモチベーションが高く、グレード更新した人がたくさんいました!!


                       以下、写真にて。          写真撮影:照井さん
                       
                       

                       到着、各々が準備を始める・・・

                       
                       

                       大岩全景


                       
                       ダイナミックな1級を見据えるグッチ


                       
                       スラブなトラバースに打ち込むミユキちゃん


                       
                       完登一歩手前、チバさん


                       
                       初段を攻めるシンさん(3段)


                       
                       曲者な5級に打ち込むフルヤさん、やっさん、タニさん。監督、ZEELさん


                       
                       スタンスが悪いポッケ課題に打ち込むライアン


                       
                       ランチのBBQ!!!タコスが美味い!!!!!

                       
                       
                       初段敗退の僕と見守るイマイさん、ライアン


                       
                       3級に苦戦するやまもっさん(1級はサラッと登ったのに・・・)


                       
                       スロースターターなイナダさん。ドラクエ禁止!


                       
                       ヤゴさん、いい笑顔っす!(スタート切れませんでしたが)


                       
                       核心をとめた瞬間、みんなのボルテージが最高潮に!!


                       
                       スミダさん、おめでとうございます!!!


                       
                       カンテ際のハイボール、初段。


                       
                       さすがの完登、吼えるオクダくん


                       
                       今回のMVP、まさかの3階級特進、コウノくん!!!


                       
                       見ていても痺れるトライでした!!!おめでとうございます!


                       
                       終了後は湯の口温泉へ!晩御飯はやきそばと地権者様から頂いためはり寿司。美味!!!


                       
                       帰りはみんな、こんな感じでした(笑) ごめんなさい、オオウラ君・・・


                       
                       皆様、お疲れ様でした!! みんな良い笑顔です(^^)


                       また、行きましょうね!!!

                      カテゴリ:外岩の話 | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      | 1/4PAGES | >>