<< 『広島市8.20豪雨災害』の支援活動がクライマーの間ですすめられています。 | main | 明日はコンペです! >>
夏の思い出 ディープウォータークライミング2014
0

     最近めっきり涼しくなった天王寺、今年の残暑は少しましかなと感じるTOBITOのゴウです。
     去年は秋が無いというくらい暑くて急に冷えたような・・・あれ?去年??一昨年の事でしたっけ?
     ・・・季節感は分かりませんが、老化だけは確実に感じる今日この頃です。



     夏休み最後の日は北山村まで『宿題』を終わらせに行ってきました!!
     そう、今年も行ってきました毎年恒例の『ディープウォータークライミング in 北山村』☆

     今年は総勢18人!!
     まずは操船や準備をしてくれた、ZEELさん、山さん、庄屋さん、ランさん、本当にありがとうございました。
     お陰様で今年も最高の夏の思い出が出来ました!


     今年は通称「上流エリア」。
     毎年このディープウォータークライミングに来てますが下流が中心で、ここは何年か前にコイちゃんやコーヘーさんと行ったきり。
     懐かしいなぁという思いと、そこに『宿題』になってた課題があることを思い出しました。


     

     少し川を下ると、すぐそこには見覚えのある壁が・・・
     わずかに被った、取り付きからアンダーのホールドが続くキレイなライン。
     あんまりにもキレイなラインで、そして登れそうで登きりれなくて、悔しい思いをしたなぁって事を改めて思い出しました。


     早速準備してトライ。
     前回進めなくなってしまったポイント、6mくらい続いたアンダーホールドの終わり。
     左側にワンハンドのいいホールドがあって、さらにその左側にラインが続きそう。
     ここで左手出して進めなくてパンプした事を思い出して、深いクロスムーブ。
     真下の遠くに見える水面。
     抜けて落ちたらとか、次の一手が予想以上に悪かったらとか思うと足がすくみましたが、右手と左足が十分利いていたので、左手解除と同時に立ちこみ!


     その先の、未知のホールドを止めた瞬間の気持ち良さは、『痺れる』の一言に尽きます。


     そこからは無我夢中で手足を動かしました。高さと震えで足元がおぼつかない、不細工なクライミングでしたが・・・


     10mくらい登るとガバガバのスラブになってきたので、そろそろ降りる準備。
     ディープウォータークライミングは最終的に飛び込まないといけないので、あんまり高くまで登れませんでした。


     登りきってしまえば10台のルートだと思います。
     でも、本当に気持ち良いクライミングが出来ました。


     その後もいろんな壁にくっついたり落ちたり、新しい宿題を見つけてもやもやしたり。
     ご飯食べて、レースの応援したり、やっぱり登ったり。
     操舵する山さんに落とされそうになったり、叫びながら急流を下ったり。
     帰りには温泉は行ったり、ご飯食べたり、山道でヘッドバンキングしたり。
     運転してくれたZEELさん、スミさん、ありがとうございました!



     今回も怪我無くみんな帰ってこれました!!
     そして、はち切れんばかりの楽しい思い出ができました。

     もう来年が楽しみでしかたありません。
     次こそはあの課題を登りたい!
     経費でボート、買えんかな・・・


     皆様、来年もよろしくお願い致します!


     
    ちょろりと簡単な動画を作ってみました。
    映ってる人が偏ってるのはご容赦下さい。

    https://www.youtube.com/watch?v=VvMMXvk4z1M


     

    カテゴリ:外岩の話 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック